ブルガリアに旅行に出かけるときには


top
画像参照:Andrey

東洋と西洋の雰囲気を両方味わえる地域として名高いブルガリアは、多くの旅行者が訪れる風光明媚な国です。東ヨーロッパのバルカン半島に位置し、首都はソフィア、国土は日本の三分の一とそれほど広くありませんが、旅行に出かけるのであれば、自然豊かなブルガリアの観光スポットを着実に回れるように学んでから出かけましょう。

実際に様々な観光スポットがありますが、特に有名な場所としてはリラ修道院でしょう。リラ修道院はブルガリア正教会のシンボルの一つとなっており、多数の人が観光旅行で訪れているのです。イスラム教徒に500年支配され続けた国にとって、キリスト教徒たちにとって心のよりどころとして、周辺から攻撃されないように城壁で周辺を取り囲んだ部分だけではなく、世界でも類を見ないほどの総天然色のフレスコ画で有名となっています。リラ修道院は東洋と西洋の建築が融合している、文化融合の血としてだけではなく、長年多くの人の心を和ませてきた芸術の場として見に行くだけでも一見の価値はあるのです。

さらに、ユネスコの世界遺産に登録されている、ピリン国立公園も一見の価値があります。ピリン山脈最高峰のヴィーレン岳をはじめとして、様々な独自の植生などが注目を集めているのです。ヒグマやノヤギなどが闊歩しているのも、自然豊かな公園ならではといわれています。
黒海沿岸に出ている古代都市ネセバルも魅力的です。世界有数の古代都市といわれ、紀元前の建物の姿を見ることができます。現在では周辺でリゾート地となっていますので、観光に出かけるときにはぴったりです。

ブルガリアは食べ物も独自のものが多く、おいしいものがたくさんあります。ブルガリアというとヨーグルトというイメージが強い方も珍しくありません。確かに料理にも使われるほどにヨーグルトは多用されていることがわかりますが、それ以外にも多数の料理が存在しています。
例えばバニツァといわれている料理が人気を集めていますが、バニツァとは、薄いパイシートの中に、卵とヨーグルト、そしてチーズが入っているもので、これだけで満腹になってしまうほどにボリュームの高いものです。また、ムサカといわれている肉料理も人気といわれています。ムサカとは、ミートローフの上にジャガイモのを載せてオーブンで焼いたようなものとなっており、ボリューム満点でおいしいものです。
それぞれおいしいものや観光を堪能することで、ブルガリアの良さを実感できます。

お気に入りのホテル予約サイト

ハワイホテル予約サイト | シンガポール ホテル予約サイト |グアム ホテル予約サイト